辞表のテンプレート(見本)

辞表のテンプレートのみを載せておきますね。

これは見本だけですので、詳しくは辞表の書き方のコーナーで見てみてくださいね。


見本:辞表テンプレート
    辞表の封筒

辞表テンプレート
退職願の封筒


posted by 00927 at 18:21 | 辞表の準備

退職の理由

退職理由について、こんな質問がありました。



インターネットで辞表の書き方について検索すると
全て「一身上の都合により・・・」
となっています。
会社内で部署(仕事内容)を変わりたいと申請しているのですが
なかなか聞き入れてもらえず、
このまま今の仕事を続けて行くことはできないので
辞表を出す事にしました。
退職理由には
「一身上の都合により・・」と書くのが一番良いのでしょうか?




辞表というのは辞意を表明するものなので、一身上の都合でと書くことが正解なんです。
今回のこのパターンを考えると問題は、辞表に本当の理由を書きたいけど一身上の都合が1番いいのだろうか?という辞表を書きたい本人の意思にあると思います。
書式上は退職理由に「一身上の理由により」です。

あなたが自分の気持ちを訴えるべきところはあくまでも辞表の上ではなく、それを提出する前の上司との話し合いにおいてではないでしょうか?

いろんな退職理由があるものですね。
あなたが円満退職をしたいのなら、このサイトにあるようにステップをふんでほしいんです。
じっくり読んで備えておきましょうね(*^^)v

posted by 00927 at 18:05 | 円満退社のために

退職願い(退職届)と辞表

辞表」という言葉の浸透がありますが、会社を辞める時に書くのは「退職願」になるんです。退職願いと辞表は違いますし、きちんとした書き方もあるんですよ。
退職願いや辞表というのは会社を辞める時の意思表示になりますよね?この時、封筒に書いたり表題に書く言葉は一般的には退職願となるんです。

辞表と退職願(退職届)の違いって何?

え..よくドラマなどで辞表叩きつけてるけど・・
「こんな会社やめてやる!」って

そうそう、あんな場面を多くみているから辞表という言葉が有名になったんです。
辞表と封筒に書いて中身の辞意表明にも辞表と表題を書くのは、その会社の取締役などです。取締役などの重役でない場合はどのように書いたらいいんでしょうか?

退職願と書きます

この時に注意したいのが、「退職願い」の「い」は必要ないということです。つまり表題も封筒に書くのも「退職願」と書けばいいんです。
そして、、「退職届」というのは退職の意思を届けるという意味で退職願と少し違った意味になります。

退職届と退職願の違い

退職届は届け出るという意味で受け取る側から見れば、もう最終通告だという意味合いになります。もう私は何を言われようが退職するんだ!という意味です。
退職願と書けば、よりソフトになります。
私は退職したいと思っています。という意味になるからです。このように、封筒や表題の書き方一つでも意味が異なるってしっていましたか?
ポイントを整理しましょう

退職願の書き方

※表題に「辞表」と書くのは重役の人だけ
※「退職願い」の「い」は必要ない
※退職届と退職願では受け取る側の意味合いが変わる


このようなポイントを押さえて退職願を書いていきましょう。

posted by 00927 at 17:20 | 退職届:辞表の書き方

辞表の書き方

まず、辞表の書き方の表題は「退職願」として書き出しは行の一番下から「私事」「私議」「私は」で始めるのが一般的です。辞表に「辞表」と書くのは、まるで重役のようなイメージになりますね。
というのも、辞意を表明するのが辞表ですから、役職もたいしてない一般の社員が辞表というのは己の立場を理解していないとか、態度が大きいことになるでしょう。あくまでも「退職願」とするのが会社と自分の雇用契約を破棄したいというお願いを会社にするのです。なぜなら、あなたを雇用しているのは会社であって、契約を実際に解除するのは会社側の手続きになりますね。だから、こちら側としたらどうぞお願いしますといって契約を解除してもらう立場なわけです。どうのこうのと言ってもよりソフトに書けば角がたたないというわけです。


退職願の具体的な書き方




辞表の書き方には、「退職年月日」を記述し、「提出日」も入れてください。他に辞表に書き方の記入事項としては自分が働いている部署
名などを記述します。このとき、部署名は宛名の会社名より下に書く
のが一般的な辞表の書き方です。また辞表の書き方として、名前の下
に捺印をし宛名は会社の社長宛、敬称は「殿」を使います。会社に退
職用の所定の用紙がある場合もありますので、あるならばその書式に
従ったほうがいいでしょう。辞表の書き方といってもやはり常識の範
囲に収まっているならば、なんでもいいですよ。
不安ならばここに書いてある通りに書き方を真似してくださいね。

ちなみに用紙はA4で無地か薄い線の入った便箋でも大丈夫です。

辞表を書いたらそれを封筒にいれます。


posted by 00927 at 15:36 | 退職届:辞表の書き方

退職届の封筒の書き方

退職願をきちんと用意したあとそれをそのまま出すわけにはいきませんよね?
やはり封筒に入れて提出するようになります。では、どのように封筒に書いたらいいんでしょうか。

これができたら辞表の完成です。

退職願の封筒:書き方




実はとっても簡単です。封筒の表に「退職願」と書くだけでいいんです。もちろん書くときは直筆で書きましょう。

ちなみに
封筒は白色でA4用紙が3つ折りで入るものを選びましょう。100円ショップなどで購入しても大丈夫です。

長年勤めた会社を退職するのでしょうか?新しい道に進むために退職するのでしょうか?何か不満があっての退職かもしれませんね。お世話になった先輩、一緒に苦労した仲間たち、万感胸に迫るものがありますよね。
例え不満があって会社を辞めるにしても、あなたがそこで経験したことはかけがえのないあなたの財産なのです。決して無駄ではありません。辞表は未来への通過点でしかありません。

あなたの未来の姿に希望を持って、今までのことに感謝をこめて、丁寧に辞表を書きましょうね。
posted by 00927 at 00:00 | 退職届:辞表の書き方

辞表を書くときに必要なもの

辞表(退職願)を書く前の用意と確認事項


辞表の書き方はわかっても、その前に準備するものがいくつかあります。
これをそろえておかないと効率が悪いので、辞表を書く前にまず準備をしましょ!

1.普通の便箋と白い封筒を準備。
サイズはA4ですよ。封筒は必ず白で!

表題には「退職願」とかきましょう。

2.筆記具はボールペンまたは万年筆で。
辞表を書くときは直筆が原則です。
3.表題は「退職願」。
辞表」と書くのは、取締役クラスの人のみです
普通にサラリーマンしているのなら「退職願」と表題を書きましょう
4.退職理由は「一身上の都合」に。退職日と届けを出す日付を間違えないように。
会社を辞めたい!その理由は色々あると思います。
例え会社が悪くても、、、一身上の都合ですよ!!
5.捺印は忘れず押しましょう。印鑑も必要
この辞表というのは法律的にも効力があります。
できれば提出前にコピーもとっておきましょう。
6.原則として直属の上司に渡しましょう。直接、社長に渡したりしないように。

いくらか注意事項があるので確認をもう一度しておきましょう。
※まず辞表は、本人が直接書くのが正解です
※でも会社によってはこれに書いてください!というフォーマットがあるので、その場合はそれに書き込めば大丈夫です
※提出の前には(辞表を書く前に)まず上司を説得させるのが大事です
※必ずスケジュールの確認をしておきましょう
※辞表を渡すのは直属の上司にです

これらの点を踏まえておけば間違いないですよ〜

辞表を書いて提出すれば、あなたの違った未来があるばずです。
会社を辞めたいと思う理由には色々あると思いますが、、、
意思を強く持って初心を忘れてはだめですよ!
未来はあなたが開くのですから!!




posted by 00927 at 12:17 | 辞表の準備

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。